オリーブ畑でひんやりスィーツはいかが?

暑い日が続きます。

こんな暑~い真夏でも山の上のオキオリーブガーデンカフェには爽やかな風が吹き抜けています。ま、もちろん信州の山の中みたいにエアコンが効いたようなひんやりした風じゃないけど、涼し気なオリーブの葉が揺られる姿に感じる風の動きは、とっても自然な空気を運んでくれる。

そんなオキオリーブガーデンカフェの夏メニューの目玉はひんやりスィーツ

「トマトのジェラート」

トマトがこんなにお洒落なスィーツに変身、やさしい甘さの秘密は讃岐和三盆。グラニュー糖よりもずっとお値段は高いけれど、やっぱりこの透き通るようなピュアな甘さは和三盆でしか出せない。付け合わせにお出ししてるカルダモンの香りのシフォンケーキは、お皿に残ったジェラートを余すことなく拭って食べて頂くため。

ランチメニューも夏バージョン、自家農園で採れたトマトやパプリカで作ったスペインの冷たいスープ「ガスパチョ」この暑い夏に合わせてシェリービネガーの強い酸味を効かせてさっぱり味に。合わせて頂くのは鶏肉のリエット、この暑い中、灼熱の厨房で店主が汗だくになって炒めたタマネギの自然な甘さだけで味を作った自信作。焼きたてのパンはガスパチョにつけたり、リエットを載せたりご自由に。

お野菜だけでこれだけおいしいものがいっぱい食べられるのもオリーブオイルのおかげ。みなさんお待ちしてますよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)