芸術品とも言えるジョージナカシマのコノイドチェアに深く腰掛けてみて下さい。何時間でも疲れずに座ることができます。
照明はイサムノグチ「AKARI」優しい光が心を包みこみます
枯山水を模した日本庭園は亭主自らの製作
夕食は瀬戸内の食材を使ったイノヴェーティブフレンチ。前菜のニシ貝の卵クリーム
瀬戸内のお魚をオリーブオイルで頂きます
土佐あか牛のロースト。タマネギとオリーブオイルのソースで
大東さんのトウモロコシの冷製スープ、焼きとうもろこしの風味。
稚鯵のフリット、スダチとオリーブオイルのソースで
朝食は漆塗りのご膳で頂きます
優しい甘さの讃岐味噌のお味噌汁
オリーブガーデンカフェへご招待
フレンチブルーの鮮やかなカフェ棟
1500本のオリーブの木に囲まれてのカフェをお楽しみ下さい
季節で変わるカフェメニュー。夏はさっぱりガスパチョランチ。
世界でここだけでしか頂けないオリーブ生茶
オリーブの木からはマイナスイオンが溢れています
実りの秋はオリーブの収穫の喜び
搾りたてのオリーブオイルは深いエメラルドグリーン
世界中からオリーブ園にお手伝いに来てくれる
ベッドルームはシンプルなベッドに肌触りの良い天竺綿のシーツ
ベッドルームから望むウッドデッキとタイムのお庭
ミニキッチンながらツーバーナーの本格派、長期滞在の自炊もできます
日本庭園を見ながらゆったり浴槽に使って頂いたら露天風呂気分。一棟貸切だから人目も気になりません。
洗面台は2台、朝の忙しい時間もゆったり支度ができます。
亭主の澳です、心を込めておもてなしいたします
ゲスト6人 2寝室 ベッド2台 バスルーム:2

古民家のお部屋は独り占め。

(※ほかは一部共用です)

ダイニングでお座り頂く椅子は、世界的木工デザイナーのジョージナカシマの手になる「コノイドチェア」50年の時を経てもなお輝きを増しています。
それを照らすのはイサムノグチの「AKARI」のやさしい光。
豪奢ではないが落ち着いた日本庭園に囲まれてのゆったりとした時間。
夕食(別料金7,000円)は亭主自らが作るイノヴェーティブフレンチのフルコース。瀬戸内の新鮮な食材をオリーブオイルを使って、素材の持ち味を最大限に引き出します。
朝食(別料金2,000円)は漆塗りのお膳で滋味あふれる日本料理を召し上がって頂きます。「澳 OKI Olive」をかけて頂く至高の卵かけゴハンは絶品ですよ。
そして圧巻は、ゲストハウス隣接の小高い丘の上のオリーブ農園の雄大な眺め。1500本の木に囲まれたガーデンカフェで頂くランチやドリンク、鳥のさえずりや虫の声を聴きながらのオリーブの木陰の散策、すっかり心を解放して頂けますよ。
世界中からここに集まる仲間たちとの交流も、ここでの楽しみの一つ。オリーブを通じた暖かい思いは言葉の壁を超えてうち融けあえます。

スペース

ウッドデッキテラス、ミニキッチンの付いた洋室と、畳敷きの純和室があります。家族や仲間で好きなようにお使い頂けます。

料金

5,000円 / 1人
※乳幼児(2歳未満)は人数にカウントされません。

夕食/ 7,000円(1人分)

朝食/ 2,000円(1人分)

清掃費 / 3,000円(1回)

寝室1
シングルベッド ×2

寝室2
布団 x4

チェックインは15時〜

 

アメニティ・設備(無料で使用可能なもの)

駐車場
Wi-Fi
ミニキッチン
乾燥機
テレビ
洗濯機
必需品(タオル、シーツ、石鹸、トイレットペーパー)
エアコン
お湯
アイロン
ノートPC向きのワークスペース
風呂
コーヒーメーカー
基本の調理器具と調味料
鍋、フライパン、油、塩&コショウ
食器&カトラリー
冷蔵庫
コンロ

入室方法

専用の玄関
離れ/専用玄関

専用のリビングルーム

寝具&バス用品

ヘアドライヤー
シーツ類
予備の枕と毛布
ハンガー
寝室のドアに鍵あり(個室は鍵付きなので安全とプライバシーを確保できます)
シャンプー

屋外

パティオやバルコニー

安全設備

煙感知器
救急箱

スケジュール確認・ご予約はこちら